太陽光発電システムの選び方太陽光発電システム導入ガイド太陽光発電の2019年問題とその対応方法

太陽光発電の2019年問題とその対応方法

太陽光発電には2019年問題と呼ばれる課題があります。それは、FIT(固定価格買取制度)によって売電されていた発電電力の買取期限の終了です。

FITは2009年スタートで10年間の固定期間がありました。10年後は2019年ですので、今後、買取期限終了となる物件が2019年11月より出てくることになります。

そうした太陽光発電システムを保有している人はどうしたらいいのか?というのが2019年問題です。

スポンサーリンク

固定買取終了時の基本的な対応は2つある

今後、電力会社は固定価格での買電をしてくれなくなります。

その為、利用者(設置者)としては以下の2つの方法で発電電力の利用を考える必要があります。ちなみに、一番ダメなのは放置です。

放置をすると、発電した電力(余剰分)は電力会社にタダで回収されることになります。

  1. 買取契約を新規に結ぶ
  2. 発電した電力を自家消費・蓄電して利用する

買取契約を新規に結ぶ

新しく売電する契約を電力会社と結びます。なお、売電価格は市場価格相当となるでしょうから、よくても1kWhあたり10円を切る程度になる可能性が高いです。

従来と比べると大きく下がってしまいますね。

この辺りは「新電力」を含めて買取をする業者が今後出てくるんじゃないかなぁと思っています。

参考記事:電力自由化における新電力の選び方と比較のポイント

 

発電した電力を自家消費・蓄電して利用する

もう一つの方法は発電した電気を自分で使ってしまうという方法です。

ただ、これまでも余剰電力を売電したわけですから、普通に使っていては余らせてしまうことになります。その為、今後は発電した電気を貯めておくための仕組みが必要になるわけです。

要するに蓄電池ですね。昼に発電した電気を、太陽光発電が発電しない夜間に使うイメージとなります。

最近は蓄電池のお値段も多少は下がってきたようです。

 

スポンサーリンク

太陽光発電を導入するなら比較・見積は最重要!

太陽光発電導入にはしっかりとした価格比較が重要です。価格比較サイトを通じて、賢く相見積もり、複数見積をもらいましょう。
>>太陽光発電相見積もりサイトの活用法

グリーンエネルギーナビ

グリーンエネルギーナビは国内最大級の太陽光発電システムの一括見積もりサービスです。全国200社以上の審査済みの販売会社からの見積もり・提案を無料でもらうことができます。
>>グリーンエネルギーナビの詳細情報を見る

太陽光発電システムの賢い選び方

太陽光発電に関する基礎知識
広く取り上げられている太陽光発電システム。名前はよく聞くけど内容はよく分からない。という方も多いのでは?ここでは太陽光発電の基本を解説します。
太陽光発電システム導入ガイド
太陽光発電システムを実際に導入する際に参考にして欲しいシステム導入で抑えておきたい基本や販売業者選びのポイントなどを紹介していきます。
太陽光発電コラム
太陽光発電システムに関するおすすめのトピックスや最新ニュースをガイド。

 

太陽光発電システムおすすめ業者

太陽光発電システムおすすめ業者比較
管理人一押しの太陽光発電システムの設置・販売業者を紹介していきます。

都道府県・地域別の太陽光発電設置、販売業者をお探しの方は「都道府県別業者比較」のページをご活用ください。
九州地方 ・中国地方

 

太陽光発電・オール電化関連サイト

太陽光発電システムやオール電化、家電、節約などのおすすめ関連サイトを紹介しています。