太陽光発電システム「見積書」の読み方

太陽光発電システムを導入する際、まずは業者に「見積り」を出してもらうのが基本になるかと思います。そのとき、提出された見積りをどのように分析したり、他の業者と比較したらいいのでしょうか?まずは、太陽光発電システム導入時の「見積書」の読み方を解説します。

スポンサーリンク

見積書に書かれている内容の種類と特徴

太陽光発電システムの見積りは大雑把に分類すると「機器価格」「工事価格」の2種類に大別できます。

機器価格

太陽光発電モジュール(パネル)やパワーコンディショナーといった太陽光発電システムを構成する器具全般です。

工事価格

上記の機器を屋根に設置する費用です。足場を組んだり、屋根の補強や補修工事をしたり、実際に機器を接続したりする費用となります。

具体的にはもっと細かく書かれているかとは思いますが、ざっくり分けると上記の通りです。その上で、何をもって見積りを見ていけばいいのでしょうか?

 

1番大事なのはシステム容量(パネルの枚数)

太陽光発電システムの価格を大きく変えるのはシステム容量(パネルの枚数)です。パネルは太陽光を電気に変える部品ですが、枚数が多いほど、より多く発電することができます。逆に少なければ少ししか発電しません。
通常はこの発電量は「kW(キロワット)」という単位で表現されます。

基本的には「より多くのパネルを載せる方が効率的(多く発電する)」ことができる上、太陽光発電システムの価格(機器代+工事費)で変動費となるのはこのパネルの枚数くらいなので、できるだけ多くのパネルを載せた方が効率的です。
この点については「なぜ多くのパネルを載せるのが効率的なのか?」をご覧下さい。

見積り比較は「総トータル費用 ÷ システム容量(kW)」

まず、基本となるのが、「機器代金+工事費」を加えた総トータルコストをシステム容量(kW)で割ってみることです。これによって、システム1kWあたりの費用を計算することができます。

複数の業者の間で見積りをとるときは、この計算で比較する事でどちらの業者の方が安いのかが分かります。(その際の注意点としては、複数の業者で見積りを取る場合はシステム容量(kW)の大きさをあわせることが重要です。)

ちなみに、2011年度現在、国の補助金を利用するには「(機器代+工事費)÷ システム容量(kW)」が60万円より安いことが補助金受給の条件となりますので注意してください。
※ただし、工事費に特殊工事を行う場合はそれは除いて計算する。

 

スポンサーリンク

太陽光発電を導入するなら比較・見積は最重要!

太陽光発電導入にはしっかりとした価格比較が重要です。価格比較サイトを通じて、賢く相見積もり、複数見積をもらいましょう。
>>太陽光発電相見積もりサイトの活用法

グリーンエネルギーナビ

グリーンエネルギーナビは国内最大級の太陽光発電システムの一括見積もりサービスです。全国200社以上の審査済みの販売会社からの見積もり・提案を無料でもらうことができます。
>>グリーンエネルギーナビの詳細情報を見る

太陽光発電システムの賢い選び方

太陽光発電に関する基礎知識
広く取り上げられている太陽光発電システム。名前はよく聞くけど内容はよく分からない。という方も多いのでは?ここでは太陽光発電の基本を解説します。
太陽光発電システム導入ガイド
太陽光発電システムを実際に導入する際に参考にして欲しいシステム導入で抑えておきたい基本や販売業者選びのポイントなどを紹介していきます。
太陽光発電コラム
太陽光発電システムに関するおすすめのトピックスや最新ニュースをガイド。

 

太陽光発電システムおすすめ業者

太陽光発電システムおすすめ業者比較
管理人一押しの太陽光発電システムの設置・販売業者を紹介していきます。

都道府県・地域別の太陽光発電設置、販売業者をお探しの方は「都道府県別業者比較」のページをご活用ください。
九州地方 ・中国地方

 

太陽光発電・オール電化関連サイト

太陽光発電システムやオール電化、家電、節約などのおすすめ関連サイトを紹介しています。