売電による利益(所得)と税金

日本では、所得を得た場合「所得税」という形で税金を納付する義務があります。それでは、売電をして得た「利益」はどうなるのでしょうか?ここでは、太陽光発電システム設置に伴う「売電収入」とその税金(所得税)について解説します。

※税金に関するお問い合わせや質問は最寄の税務署または、税理士等の専門家にお問い合わせ下さい。当サイトでは、あくまでも一般的な事例を元に概要の解説のみを行っております。本件についての一切のお問い合わせは受け付けておりません。
また、本ページは個人が個人宅に太陽光発電を設置したケースを想定しています。法人が設置した場合や個人でも投資用不動産に設置する場合などは異なる場合があります。

スポンサーリンク

太陽光発電の「売電収入」も立派な所得!

太陽光発電における売電収入。これは電気を作って売ったことになりますので立派な経済活動にあたります。ただし、売電金額の全額が所得税がかかるわけではありません。

まずは、収入と所得について理解します。収入というのは経済活動で得たお金。ここでは売電収入全額を指します。そして、所得というのは収入からその収入を得るために支払った経費を差し引いた残りです。

例えば、私がボールペンをあなたに売ったとします。この時の代金が100円だったとしたら、収入は100円です。私がそのボールペンを80円で仕入れており、さらに販売時の箱代に10円かけていた場合の所得は100-(80+10)=10円となり、所得は10円です。

 

太陽光発電システムにおける売電での経費とは?

ただ、売電する際には太陽光発電システムに働いてもらうだけで売上が発生するので経費らしい経費はありません。

じゃあ、全額が所得になるのかというと一つ大切な経費があります。それは「売上を得るために払った太陽光発電システム」というシステム費用です。ただし、この費用は1年間で経費とするものではなく、長期間にわたって按分して経費化していきます。

キーワードは「減価償却費」です。なにやら耳慣れない言葉のように感じるかもしれませんが、減価償却費とは購入した資産を耐用年数に応じて費用(経費)とするものです。
(ただし、一括償却などを利用したケースは除く)

実際のところ、この毎年の減価償却費が売電による収入を上回る形になるはずですので、基本的に所得税はほとんどかからない、またはゼロとなるケースが大半でしょう。

 

スポンサーリンク

太陽光発電を導入するなら比較・見積は最重要!

太陽光発電導入にはしっかりとした価格比較が重要です。価格比較サイトを通じて、賢く相見積もり、複数見積をもらいましょう。
>>太陽光発電相見積もりサイトの活用法

グリーンエネルギーナビ

グリーンエネルギーナビは国内最大級の太陽光発電システムの一括見積もりサービスです。全国200社以上の審査済みの販売会社からの見積もり・提案を無料でもらうことができます。
>>グリーンエネルギーナビの詳細情報を見る

太陽光発電システムの賢い選び方

太陽光発電に関する基礎知識
広く取り上げられている太陽光発電システム。名前はよく聞くけど内容はよく分からない。という方も多いのでは?ここでは太陽光発電の基本を解説します。
太陽光発電システム導入ガイド
太陽光発電システムを実際に導入する際に参考にして欲しいシステム導入で抑えておきたい基本や販売業者選びのポイントなどを紹介していきます。
太陽光発電コラム
太陽光発電システムに関するおすすめのトピックスや最新ニュースをガイド。

 

太陽光発電システムおすすめ業者

太陽光発電システムおすすめ業者比較
管理人一押しの太陽光発電システムの設置・販売業者を紹介していきます。

都道府県・地域別の太陽光発電設置、販売業者をお探しの方は「都道府県別業者比較」のページをご活用ください。
九州地方 ・中国地方

 

太陽光発電・オール電化関連サイト

太陽光発電システムやオール電化、家電、節約などのおすすめ関連サイトを紹介しています。