地域による日照量(発電量)の違い

地域における日照量の違いも発電量に影響を与えます。例えば、雨がすくないといわれている瀬戸内エリアの日照時間は概ね2000時間を越えているのに対して日本海側は冬に晴天の日が少ないため、1600時間程度となっており、その差は1.3倍も違いがあることになります。当然その結果地域によって太陽光発電による発電量にも差が生じることになります。

スポンサーリンク

日本で一番発電量が多い(太陽光発電に向いた)エリアはどこか?

太陽光発電に向いている地域というのは大きく以下の要素を満たす地域です。

・年中を通じての降水量が少ない(晴れの日が多い)
・気温ができるだけ低い(モジュール温度による損失が少ない)

第1位:瀬戸内エリア

瀬戸内エリアは雨の少ない機能が特徴の地域です。年中を通じて降水量が少ないため、晴れの日が多く太陽光発電の発電量が確保しやすいエリアです。全国を通じて最も太陽光発電システム導入に向いているエリアです。

第2位:沖縄エリア

日照量ではバツグンです。ただし、年間を通じて温暖な気候のため、モジュール温度の上昇に伴うロスも多いです。モジュール温度の上昇によるロスの少ないHIT太陽電池がおすすめ。

第3位:関西エリア

関西エリア(日本海側・太平洋側以外)も日照量が多く太陽光発電システムに向いています。

第4位:札幌・太平洋側の積雪しにくい東北エリア

太陽光発電システムのモジュール特性から気温の上がりにくい(モジュール温度の上がりにくい)札幌などは太陽光発電システムに非常に向いているエリアであるといえます。実際、札幌の発電量のほうが、東京エリアよりも高くなります。

 

太陽光発電システムの賢い選び方

太陽光発電に関する基礎知識
広く取り上げられている太陽光発電システム。名前はよく聞くけど内容はよく分からない。という方も多いのでは?ここでは太陽光発電の基本を解説します。
太陽光発電システム導入ガイド
太陽光発電システムを実際に導入する際に参考にして欲しいシステム導入で抑えておきたい基本や販売業者選びのポイントなどを紹介していきます。
太陽光発電コラム
太陽光発電システムに関するおすすめのトピックスや最新ニュースをガイド。

 

太陽光発電システムおすすめ業者

太陽光発電システムおすすめ業者比較
管理人一押しの太陽光発電システムの設置・販売業者を紹介していきます。

都道府県・地域別の太陽光発電設置、販売業者をお探しの方は「都道府県別業者比較」のページをご活用ください。
九州地方 ・中国地方

 

太陽光発電・オール電化関連サイト

太陽光発電システムやオール電化、家電、節約などのおすすめ関連サイトを紹介しています。