家庭内での省エネ意識の高まり

太陽光発電システムを導入すると、「(発電した電気-消費した電気)=余った電気」を売ることが出来ます。余った電気代は通常の約2倍の金額で売ることが出来ますので、出来るだけ電力を消費しない方が経済的なメリットが高まります。このため、太陽光発電システムを導入した多くの家庭で省エネに対する強いインセンティブとなったということが報告されています。

スポンサーリンク

太陽光発電の売電と買電の価格差がエコ意識を高める

太陽光発電システムで発電した電気は1kWhあたり48円で売却することが出来ます(2010年現在)。一方で、電力会社から電気を買う場合、1kWhあたり約24円で買うことができます。

つまり、太陽光発電で発電した電気は通常の2倍で売ることができるわけです。この場合、できるだけ多くの太陽光発電で発電した電気を売ることが経済的なメリットにつながるわけです。

一方で、電力会社に売電することができる電力量は以下の式で計算されます。

(太陽光発電による発電量)-(自家消費電力量)=売電量

つまり、太陽光発電が稼動している間(発電している間)はできるだけ電力の自家消費を減らすことがメリットにつながるのです。(普通に買えば24円の商品を、太陽光発電で発電したものはその倍の【48円】で買い取ってくれるわけですから)

つまり、このことは太陽光発電による発電メリットを通じて、「省エネすればそれだけ取り分が増えるよー」というインセンティブにつながっているわけです。

現在太陽光発電の「全量買取」なども検討されているようですが、個人的には省エネという観点から考えるとこのポイントは残した方がいいように思います。

 

スポンサーリンク

太陽光発電を導入するなら比較・見積は最重要!

太陽光発電導入にはしっかりとした価格比較が重要です。価格比較サイトを通じて、賢く相見積もり、複数見積をもらいましょう。
>>太陽光発電相見積もりサイトの活用法

グリーンエネルギーナビ

グリーンエネルギーナビは国内最大級の太陽光発電システムの一括見積もりサービスです。全国200社以上の審査済みの販売会社からの見積もり・提案を無料でもらうことができます。
>>グリーンエネルギーナビの詳細情報を見る

太陽光発電システムの賢い選び方

太陽光発電に関する基礎知識
広く取り上げられている太陽光発電システム。名前はよく聞くけど内容はよく分からない。という方も多いのでは?ここでは太陽光発電の基本を解説します。
太陽光発電システム導入ガイド
太陽光発電システムを実際に導入する際に参考にして欲しいシステム導入で抑えておきたい基本や販売業者選びのポイントなどを紹介していきます。
太陽光発電コラム
太陽光発電システムに関するおすすめのトピックスや最新ニュースをガイド。

 

太陽光発電システムおすすめ業者

太陽光発電システムおすすめ業者比較
管理人一押しの太陽光発電システムの設置・販売業者を紹介していきます。

都道府県・地域別の太陽光発電設置、販売業者をお探しの方は「都道府県別業者比較」のページをご活用ください。
九州地方 ・中国地方

 

太陽光発電・オール電化関連サイト

太陽光発電システムやオール電化、家電、節約などのおすすめ関連サイトを紹介しています。